アプリケーション

ケースタディ(CW単一周波数)

2006年の創業以来、M SQUARED LASERS 社は世界四大陸に顧客、代理店やオフィスを持つグローバル企業に成長しました。以下にM2レーザユーザの研究者と、彼らがM2レーザを用いて達成した成果をご紹介します。

ヘテロ構造半導体ナノワイヤ及びペロブスカイト型酸化物の可視バンドギャップ中の光電流分光法 | SolsTiS + ECD-X

ドレクセル大学におけるメソスケール材料研究所は光電流分光法を用いた光と機能材料とプロービング吸収のブレークスルーを発表しました。実験は、可視から近赤外までの広いスペクトル範囲(690~950 nm)をカバーするSolsTiSレーザ・システムを使用して行われています。光電流分光法は、過剰キャリア輸送のスペクトル特徴から光学遷移エネルギーを明らかにします。詳細はこちら(英語)

ボーズ・アインシュタイン凝縮 | エンゲルス・グループ | ワシントン州立大学 | SolsTiS-SRX

ワシントン州立大学のエンゲルス・グループは、スピン軌道相互作用、ボーズ・アインシュタイン凝縮(BECs) における人工ゲージ場, 量子縮退フェルミガス(DFGs)を研究しています。詳細はこちら(英語)

オンチップ・ラマン分光 | ゲント大学 | SolsTiS

ゲント大学情報技術学科のフォトニクス研究グループ(http://photonics.intec.ugent.be/)は、ICT、センシングや生命科学に至るまで、さまざまなアプリケーションに向けたシリコンフォトニクス及びフォトニクス集積分野のパイオニアです。Roel Baets教授が率いるグループは現在、医療診断のために、生物学的実体を検出し確実に識別するオンチップ・ラマン分光法の分野でSolsTiS-PSXを使用しています。詳細はこちら(英語)

超低温プラズマ | ブリガムヤング大学 | SolsTiS-SRX

ブリガムヤング大学のバーガソン教授の研究室には2式のSolsTiS CWリング・チタンサファイアレーザを所有しています。現在、教授は超低温プラズマ中のCa+イオンの分光法に両方のシステムを使用しています。

ワインスタイン研究室 | ネバダ州立大学 | SolsTiS

ネバダ州立大学リノ校のワインスタイン博士のグループはSolsTiSを用いて以下の項目に重点を置いた超低温原子分子物理学を研究しています: - 極低温冷却のための技術 - 分子衝突 - "エキゾチック"冷却原子衝突 - 原子と分子スピンダイナミクス&スピンコヒーレンス -原子気体と光のコヒーレント相互作用 - 超低温化学 詳細はこちら(英語)

キャンベルグループ | UCLA | SolsTiS -SRX + ECD-X

UCLAのキャンベルグループは、量子シミュレーションを実行するためにトラップされたイオンを使用した実験でイッテルビウムのレーザ冷却のためSolsTiS-SRXとECD-Xを使用しています。詳細はこちら(英語)

フランシウム共同研究体 | TRIUMF | SolsTiS

TRIUMFは、素粒子原子核物理学を研究するカナダの国立研究所です。ルイス・オロスコ教授が率いる共同研究体は、フランシウム(FrPNC)でパリティ非保存の測定による核子-核子間の弱相互作用の測定を試みています。詳細はこちら(英語)

光スクイージング | バーミンガム大学 | SolsTiS-SRX

バーミンガム大学のヴィンセント・ボイヤー博士の量子光学グループは、3年以上SolsTiS チタンサファイアレーザを使用してきました。その期間、このレーザは彼らのトランスバース・光スクイージング用装置の中心に組み込まれていました。詳細はこちら(英語)

光ピンセット | グラスゴー大学 | SolsTiS

グラスゴー大学の物理学・宇宙物理学専攻の光学グループは、光ピンセット・テクニックとテクノロジーのパイオニアです。この研究に含まれる技術は、コントローラの触覚フィードバックや、最近開発されたiPadベースコントローラ(App Storeからダウンロード可能なiTweezers)などがあります。詳細はこちら(英語)

量子テレポーテーション

関連製品

カテゴリ一覧

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら