アプリケーション

バンタブラックのコーティング

バンタブラックCVDのコーティング

Vantablack®(バンタブラック)CVDは、リアクターチャンバ内で基板または物体の表面で、直に「成長」するカーボンナノチューブ(CNT)の薄膜です。Surrey NanoSystems独自のプロセスにより、従来よりもはるかに低い温度でCNTを成長させることができ、バンタブラックを非常に幅広い基板上で使用することが可能になりました。

バンタブラックは、下記を含む多くの材料にコーティングすることができます。

■ アルミニウムシート/ホイル、酸化アルミニウム、窒化アルミニウム

■ アルミニウム合金(6000、7000シリーズ)

■ コバルト

■ 銅

■ モリブデン

■ ニッケル

■ 石英

■ サファイア

■ シリコン、二酸化ケイ素

■ ステンレス鋼

■ チタン、窒化チタン

バンタブラックを成長させるために使用するプロセスでは、融点が450℃以上で安定した基板材料上への蒸着が可能です。

バンタブラックは、従来の薄膜と同様の方法で塗布されます。複雑な三次元形状を有するものでも、製品に直接塗布することが可能です。また、最終製品に組み立てるためにタイルや柔軟性のあるホイルにコーティングするために使用することができます。

ナノサイズの微細な光キャビティは、バンタブラックが非常に黒い理由ですが、このため直接接触する環境や、機械的な磨耗が起こる環境では使用することはできません。部品の裏側や内部など、偶発的な接触から保護されている場所や、接触が避けられる場所で使用する必要があります。

バンタブラックCVDの詳細はこちら

バンタブラックS-VISのコーティング

バンタブラックS-VISはスプレー可能な製品なので、管理された状況下では空気中でコーティングすることができます(密閉式およびフィルタ式スプレーブースを利用)。コーティングは、目的の厚さに達するまで何回か繰り返しスプレーして形成されます。その後、多数の化学的機能化工程を経て、処理されたコーティングは結合し、密度が変化します。これらの工程は通常、100℃~300℃で行われます。スプレーコーティングは、この温度で熱的に安定している材料にうまく適用することができます。
バンタブラックS-VISの詳細はこちら

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら