展示会情報 Exhibition

JSAP EXPO Spring 2016 応用物理学会学術講演会付設展示会

期間 2016年3月19日(土)~3月22日(火)
会場
入場 無料(講演会の聴講には別途参加費が必要です)
小間番号 Pp-25
公式HP

ご来場いただき誠にありがとうございました。

IMG_0830.png

オーシャンフォトニクス株式会社は、3月19日(土)~3月22日(火)に東京工業大学 大岡山キャンパスで開催される第63回応用物理学会春季学術講演会【JSAP EXPO Spring 2016】に出展し、新製品の近赤外用ファイバ入力型マルチチャンネル分光器『Flame-NIR』の他、量子効率測定システム『OP-Quantum』、LED光源『Steropes』シリーズ、超小型自動波長可変Ti:Sレーザ『SolsTiS』、レーザー・光計測システム各種をご紹介します。

展示会会場ブース位置 JSAP EXPO_OceanPhotonics.pdf

ご紹介する製品

ooi_flame-nir_thum.png
New 新製品Flame-NIRは非冷却型128素子InGaAsディテクタを搭載したコンパクトな近赤外用ファイバ入力型マルチチャンネル分光器です。
OP-Radiant-UV
積分球を採用し、サンプルからの蛍光発光を全て取り込んで測定可能な量子効率測定システムです。
flame_thum.png
光出力の長期安定性・再現性が必要とされるアプリケーション用に設計された光源で、光源内部に光量調整用フィードバック回路が搭載されているため、常に出力が安定しています。
adm_steropes_thum.png
光出力の長期安定性・再現性が必要とされるアプリケーション用に設計されたLED光源です。光源内部の光量調整用フィードバック回路により常に出力が安定しています。
SolsTiS
好評な単一周波数波長可変チタンサファイアレーザ『SolsTiS』のテラヘルツ掃引モデル『テラ・スキャン』および、オプション2種類をご紹介します。
rad_powersense_img.png
PowerSense™ は低価格でワイドレンジに対応したコンパクトな光パワーメータです。
op_lsm-mini_thum.png
主な測定対象をモードロック・フェムト秒チタンサファイアレーザ(Ti:S)のスペクトルに限定した装置です。
  • ご来場の日時がお決まりの方や、特にご興味をお持ちの製品がある方は事前にご連絡いただければ、お待たせせずにご案内させていただけます。
  • 会場内で使えるドリンク券をご用意しています。弊社ブースにて配布していますのでお立ち寄りください。

<お問い合わせ先>
オーシャンフォトニクス株式会社
東京都新宿区西早稲田3-30-16 ホリゾン1ビル
TEL 03-6278-9470 FAX 03-6278-9480



オーシャンインサイト社製品について

オーシャンインサイト社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら