インフォメーション Information

『SolsTiS-EMM』 CW単一周波数ミキシングモジュール ~色素レーザからの解放~

英国Mスクエアレーザー社は、PhotonicsWest2016において、斬新かつ操作性に優れたCW単一周波数ミキシングモジュール「SolsTiS-EMM」を発表しました。 SolsTiS-EMMは同社のスタンダード品に成長した超小型、狭線幅、高安定なCW単一周波数自動波長可変チタンサファイアレーザ SolsTiSの波長を紫外、可視、赤外域( 300~340 nm、480~670 nm、1.1~4.5 μm)に拡張する外部モジュールです。SolsTiS-EMMの登場により、特にこれでまで煩雑なメンテナンスが必要だった色素レーザに頼っていた波長域(480~670 nm)を固体レーザへ置き換えることを可能にしました。
更に、狭線幅レーザのスタンダードSolsTiS(チタンサファイアレーザ)に加え、 ECD-X(第二高調波)、ECD-X-Q(第四高調波)、SolsTiS-EMM(和周波、差周波混合)の 組合せがこれまで考えられない広帯域な可変波長域(210nm~4.5 μm)をハンズフリー、 全固体、CW単一周波数発振、高出力、高安定で提供します。
20160218_001.png
solstis-platform_wavelengths_colour-v32-emm-microsite_wd1200.png

SolsTiS-EMMの主な仕様

  • 自動波長可変域: 300~340 nm, 480~670 nm、1.1~4.5 μm
  • 振幅ノイズ:0.5% rms
  • 狭線幅:<500kHz
  • 高出力:Up to 2 W(可視域のピーク波長)
  • 操作性:webベースのインタフェース経由で完全自動化、ハンズフリーを実現し、急速な波長選択や周波数掃引(スキャン)にも対応しています。
詳細はお問い合わせください。

その他のCW波長可変レーザ「Firefly-IR-CW」はこちらをご参照下さい。

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら