製品情報 Products

ラブスフェアレーザパワーメータ LPMSシリーズ

測定内容

測定内容から探す

    レーザ測定, 近赤外域測定

分野

分野から探す

    レーザ, 近赤外域

レーザパワー測定システムLPMSシリーズは可視から近赤外までをカバーした積分球と検出器で構成されています。
レーザ測定用に設計された積分球はレーザのジオメトリや偏光によって測定に影響しません。
検出器は波長域により、SiとInGaAS の2種類があり、Si検出器は350~1100 nm、InGaAS検出器は900~1700 nmもしくは900~1800 nmの広帯域に感度を持っています。
サンプリングレートは最大5000 Hzで、CWだけでなくパルス測定にも対応しています。
微弱なnWレベルから100 Wレベルのハイパワーレーザまで幅広いレンジに対応しています。
米国NISTに準拠したパワー校正データが標準で付属され、350~1100 nm、900~1700 nmもしくは900~1800 nmの測定波長範囲において10 nm間隔で付属されます。
オプションで指定した波長のパワー校正も行えます。

システム構成

・積分球(スペクトラフレクト、スペクトラロンまたはインフラゴールド)
・検出器(SiまたはInGaAS)
・NIST準拠パワー校正データ、350~1100nm、900~1700nmもしくは900~1800nmの測定波長範囲で10nmピッチ毎に校正
・ソフトウェア

測定項目

・平均パワー(CW)
・最大パワー(CW)
・最小パワー(CW)
・パワー範囲(CW)
・COV(CW)
・標準偏差(CW)
・平均ピークパワー(パルス)
・ピークパワー(パルス)
・周波数(パルス)
・デューティー比(パルス)
・パルス幅(パルス)
・パルス数(パルス)
screen

※画像はクリックで拡大します。

積分球

測定波長範囲やパワーにより3つの積分球のコーティングとサイズを選択することができます。

コーティングとサイズは下記の仕様表でご確認ください。 LPMSシリーズの積分球は、レーザ光を繰り返し拡散反射させ、均一な強度分布にします。その均一な光を検出できるように、最適に設計された積分球を採用しています。オプションで波長モニター用の検出器を取り付けることができます。

積分球
ls_lpms_004.png

検出器

広い測定パワーレンジと、最大5000Hzのサンプリングレートをもつ、測定波長範囲350~1100nmに対応したSiディテクタと900~1700nmまたは1800nmに対応したInGaASディテクタの2種類を用意しています。
ls_lpms_005.png

仕様

可視-近赤外レーザパワー測定システム仕様

低出力 中出力
型番 LPMS-020-SF-SDTP LPMS-040-SF-SDTP LPMS-060-SF-SDTP LPMS-020-SL-SDTP LPMS-040-SL-SDTP LPMS-060-SL-SDTP
コーティング スペクトラフレクト スペクトラロン
積分球内径
(インチ)
2 4 6 2 3.3 5.3
入射ポート径
(インチ)
0.5 1.0 1.0 0.5 1.0 1.0
耐レーザ
パワー
1.7 J/c㎡ 4 J/c㎡
ディテクタ
ポート数
0.5インチ 2個
ディテクタ Si
測定波長 350~1100nm
ピーク感度
波長
975nm
測定パワー 1.8nW~1.8W 7.0nW~7W 1.6nW~16W 10nW~10W 28nW~28W 200nW~200W
サンプリングレート 最小10Hz、最大5000Hz
保存間隔 0.0002~0.1秒
インタフェース USB

近赤外レーザパワー測定システム仕様

低出力 中出力 高出力
型番 LPMS-020-SF-IDTP LPMS-040-SF-IDTP LPMS-060-SF-IDTP LPMS-020-SL-IDTP LPMS-040-SL-IDTP LPMS-060-SL-IDTP LPMS-020-IG-IDTP LPMS-040-IG-IDTP LPMS-060-IG-IDTP
コーティング スペクトラフレクト スペクトラロン インフラゴールド
積分球内径
(インチ)
2 4 6 2 3.3 5.3 2 4 6
入射ポート径
(インチ)
0.5 1.0 1.0 0.5 1.0 1.0 0.5 1.0 1.0
耐レーザパワー 1.7 J/c㎡ 4 J/c㎡ 19.3 J/c㎡
ディテクタ
ポート数
0.5インチ 2個
ディテクタ InGaAs
測定波長 900~1700nm 900~1800nm
ピーク感度波長 1300nm 1600nm
測定パワー 10nW~10W 50nW~50W 100nW~100W 40nW~40W 109nW~109W 280nW~280W 73nW~73W 290nW~290W 659nW~659W
サンプリングレート 最小10Hz、最大5000Hz
保存間隔 0.0002~0.1秒
インタフェース USB

水冷式積分球

上記仕様よりも高出力のレーザ測定に、水冷式インフラゴールド積分球を用意しています。 標準の測定波長範囲は700~1100nmもしくは900~1700nmです。
詳しい仕様についてはお問い合せください
ls_lpms_006.png

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら