製品情報 Products

ラブスフェアLiDARテスト用反射ターゲットキット PFK

カタログ/技術資料

測定内容

測定内容から探す

    反射測定, レーザ測定, 近赤外域測定, 感度ムラ補正

分野

分野から探す

    カメラ・ディテクタ, フィールド, リモートセンシング, レーザ, 近赤外域, 校正

障害物までの距離や性質を分析するLiDARに搭載されたセンサの校正にパーマフレクト大型反射ターゲットが選ばれています。
反射率10%、50%、80%の3枚の組み合わせが選択されることが多く、広いダイナミックレンジの測定が可能です。
反射ターゲットは理想的な反射拡散面に近く、耐久性もあり、軽量であるために野外での測定に最適です。汚れに強く水洗いが可能です。
保管や移動に便利なケースが標準で付属しています。

特長

・反射率10%、50%、80%3枚セットによる広いダイナミックレンジの測定が可能
・350~1000 nmの波長域の反射率データ添付
・オプションにより250~2500 nmの反射率データの添付が可能
・測定ターゲットサイズにより0.5m角、1m角、1.5m角の3つのサイズを用意
・入射角によらず理想的なランバーシアンに近い拡散反射特性
・反射板全域にわたり均一な反射特性
・野外での使用を想定した堅牢かつ軽量構造
・フレームレスの構造(フレーム枠の反射の影響がない)
・反射板背面に固定用ネジ穴付き
・専用保管ケース

付属測定データ

  • ・350~1000 nm、10nmピッチの平均反射率データ  (オプションにて250~2500 nmに拡張が可能)
  • ・反射板を25に区分けし、その区分ごとの反射率測定(@600 nm、@905 nm)
  • ・反射率の均一性(@600 nm、@905 nm)

各反射板データ

各反射板の分光反射率

ls_pfk_01_001.png

各反射板基本データ

公称値 10 % 50 % 80 %
実際の反射率 8.5~11.5 % 48.0~52.0 % 78.5~81.5 %
最大と最小反射率の差
(350~950 nm)
0 % 5 % 8 %
反射面均一度(@600 nm) ±1 % ±1.5 % ±1 %

BRDFデータ

Φ-90°軸上の垂直軸から20度傾けた位置よりレーザー光を反射ターゲットに照射したときに、各方向へどれくらいの光が反射したかを示すデータのことで、idealの紫の線に近いほど理想的な拡散面に近いと言えます。
※画像クリックで拡大します。

ls_pfk_01_002.gif
ls_pfk_01_003.gif
ls_pfk_01_004.gif

固定方法

反射ターゲットの裏面には固定用の3/8インチのネジ穴が5箇所にあいています。オプションにて任意の位置にネジ穴を追加することが可能です。

ls_pfk_01_005.gif

1m反射ターゲット背面の図面

保管ケース

ls_pfk_01_006.png
保管時や輸送時の反射ターゲットへのダメージを防ぎます。
反射ターゲットのサイズに対応したサイズを揃えています。
1m角、1.5m角用の保管ケースにはキャスターが付きます。

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら