製品情報 Products

MスクエアレーザーCW中赤外波長自動可変レーザ Firefly-IR-CW

カタログ/技術資料

分野

分野から探す

    レーザ

CW 中赤外波長自動可変レーザ Firefly-IR-CW は、高出力、狭線幅で広帯域(2.5~4.5μm)を自動波長可変できるシンプルでコンパクトな狭線幅CWレーザです。
本装置はメンテナンス・アライメントフリーの筐体を採用し、全ての操作は付属パソコンで行え、インターネット経由でレーザの遠隔操作も可能です。レーザヘッド(写真左)の設置面積はシューズボックス大とコンパクトにまとめました。
これらの特長により、炭化水素系や窒素酸化物系の多波長高分解能分光などの装置組み込み(OEM)用光源として最適です。
その他のCW波長可変レーザ「SolsTiS-EMM」はこちらをご参照下さい。

特長

・広帯域自動波長可変:2.5~4.5μm(多波長分光に最適)
・狭線幅:< 1 MHz
・高出力:>1W
・コンパクト: ヘッド内に励起レーザを内蔵
・メンテナンスフリー: 完全密閉型ヘッドで自動波長可変
・ハンズフリー: 全ての制御はPCで行えOEM用途に最適
・データ取得機能: 波長掃引しながらデータ取得可能 (例: 波長 vs測定光強度など)

アプリケーション

  • 高分解能分光
  • ガス検知(炭化水素、温室効果ガス)
  • 分子分光

システム構成と仕様

波長可変域 Aタイプ Bタイプ
アイドラ光 2.5~3.7μm 3.7~4.5μm
出力 >1000 mW >300 mW
線幅 <1MHz
出力安定性 <5 % rms
モードホップフリー波長可変域 50 GHz 20 GHz

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら