製品情報 Products

オーシャンオプティクス蛍光測定用UV高感度ファイバマルチチャンネル分光器 QE65Pro-FL

QE65000-FL分光器は、微弱光の裏面入射型の2D FFT-CCDを搭載し、これまでにオーシャンオプティクス社が開発した中で最も高感度のマルチチャンネル分光器です。本モデルは、高S/N比と高速なデータ処理を特徴とし、最大90%の量子効率を実現しています。高感度を要する微弱光の測定に最適です。

本モデルは、分光器のグレーティング、スリットなど、仕様が固定のモデルです。

特長

・高量子効率・UV高感度・取り扱い簡便
・コンパクト(185×110×50mm:L×W×H/1180g)
・裏面入射型CCD採用でUV域高感度
・TE冷却で低ノイズ、低ダークシグナル
・90%ピークの高い量子効率
・簡易接続(ハードウェア):USBインタフェース採用(冷却用外部電源要)
・簡易設置(ソフトウェア):OPwave+
各種光源ファイバプローブ、ホルダなど豊富なオプションアクセサリ
・OEM供給に最適なハードウェア&ソフトウェア環境

詳細

光学ベンチ改良

少ない迷光を実現するため、特許である低BRDF(Bidirectional Reflectance Distribution Function)を採用しています。

90%ピークの量子効率

QE65Pro-FLで搭載されている電子冷却裏面入射型FFT-CCDエリアイメージセンサは、量子効率が最大9%です。
この2Dのイメージセンサにより、より高S/N比(1000:1)を実現し、また縦列のピクセルに入射スリットの高さ(1mm)を利用して入射光を受光することで、システムの感度が向上しました。

UV域の感度UP

裏面入射型のディテクタを採用しているため、本来、UV域が高感度なモデルです。
他モデルの分光器のディテクタにアップグレード可能なUVコーティングを必要としません。

QE65Pro-FL構成

構 成 詳 細
分光器 QE65 Pro電子冷却裏面入射型UV高感度・高S/Nファイバマルチチャンネル分光器
グレーティング HC-1:350 - 1100 nm(300 Lines/mm)
高次光カットフィルタ OFLV-QE-350
入射スリット 200 μm

仕様

寸 法
サイズ 185 mm x 115 mm x 50 mm
重量 1180 g
ディテクタ
受光素子 電子冷却裏面入射型FFT-CCDエリアイメージセンサ(HAMAMATSU S7031-1006)
有効素子数 1024 x 58 pixel(24.6 μm角)
有効エリア 24.576 x 1.392(mm)
ピクセルサイズ 200 - 1100 nm
飽和電荷量 1000 Ke-
量子効率 90 %ピーク
量子効率 @ 250 nm 65 %k
電子冷却機能 あり
光学ベンチ
デザイン f/4、ツェルニー・ターナー型
焦点距離 入出力:101.6 mm
グレーティング 350 - 1100 nm(300 Lines/mm)
入射スリット 200 μm
OFLVフィルタ OFLV-QE-350(350 - 1100 nm)
光コネクタ SMA 905(0.22 NA)
分光器部
測定波長範囲 350 - 1100 nm
波長分解能 〜 6 nm
S/N比 1000:1(full signal時)
A/D分解能 16 bit
ダークノイズ 2.5 RMS Count
積算時間 8 msec. 〜 15 min. 
迷光 < 0.08 % @ 600 nm、< 0.40 % @ 435 nm
電子回路/インタフェース
消費電力 500 mA @ 5 VDC
PCインタフェース USB 2.0
動作ソフトウェア OPwave+(Windows 32bit版/64bit版、 2000以降)

関連製品

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら