製品情報 Products

オーシャンオプティクス重水素ハロゲン光源(バランスタイプ) DH-2000-BAL

測定内容

測定内容から探す

    反射測定, 透過・吸収度測定, 蛍光測定, 紫外域測定

分野

分野から探す

    紫外域, 塗装・コーティング

オーシャンオプティクス社のDH-2000-BAL重水素ハロゲン光源(バランスタイプ)は、一つの出射口からハロゲンと重水素の連続光を出射できます。内部に革新的なダイクロイックフィルタを組み込むことで、重水素光源特有のDアルファラインを除去し、S/Nを向上させました。このモデルの登場により、230-2500nmの範囲で強力かつ安定した連続スペクトルを得ることが可能となりました。
出射口は、オーシャンオプティクス社製品の分光器、光ファイバ、キュベットホルダなどのアクセサリと共通な、SMA905コネクタ接続となっています。

詳細

Dアルファラインとは...

全ての重水素ハロゲン光源は、重水素の光とハロゲンの光が"アンバランス"に出力されています。さらに、重水素の光は655nmにピークとして現れるDアルファラインを持っています。この655nmに現れる輝線の除去は困難です。
各種測定を行う際のリファレンス光として利用するためには、この655nmスペクトルの強度が飽和しないように、分光器の露光時間を短く設定する必要があります。しかし、露光時間を短く設定すると、紫外の波長域における出力レベルが減少し、S/Nが大きくなる欠点を持っています。
そこで、このDH-2000-BALは、この655nmのDアルファラインが除去されているので、各種測定のリファレンス光として、適した出力特性を持った光を出力できます。

オプションとアクセサリ

光源にファイバが接続されていない時に光を遮断する安全シャッタ、および安全ゴーグルが付属しています。
重水素バルブの交換も簡単に行える設計となっております。

シャッタオプション

TTL信号を介して駆動可能な電子シャッタ付きです。
光源前面のトグルスイッチによる手動制御と、光源背面の15ピンの入力ポートにより電気的にシャッタ制御が可能です。

光ファイバ

DH-2000シリーズ光源をご使用いただく場合には、耐UV用のソラリゼーションファイバのご利用を推奨しています。
詳細についてはこちらをご覧ください。

ooi_dh-2000-bal_01.png

出力波形

仕様

寸法 150mm x 135mm x 285mm
重量 5.5kg
波長範囲 230~2500nm
消費電力 25W(重水素),20W(ハロゲン)
ランプ寿命 1,000時間
電流電圧ドリフト <0.01% 毎時
電流電圧安定性 <5 × 10-6 最大振幅(0.1-10.0Hz)
操作温度 5℃ - 35℃
電源特性 85-264V 50/60Hz
放射特性 開口径0.5mm、開口数26°(13°);集光した総出力:100W
ウォームアップ時間 25分

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら