製品情報 Products

オーシャンオプティクスレーザブレークダウン分光分析装置 LIBS2500plus

カタログ/技術資料

測定内容

測定内容から探す

    定性分析

分野

分野から探す

    レーザ, 分析・検査

オーシャンオプティクス社製LIBS2500plusレーザブレークダウン分光分析装置は、一般的なレーザ誘起ブレークダウン分光法を用い、リアルタイムで微量元素の測定を可能にしたシステムです。低価格ながら広帯域(測定バンド幅:200-980nm)、高波長分解能(〜0.1nm FWHM)なスペクトル分析、評価を可能にします。またシステムでのご提供はもちろんのこと、分光器部分(LIBS2500plus)、レーザ、サンプルチャンバなど個々でのご提供も可能です。

特長

・化学的前処理が不要
・試料の形態不問
・リアルタイム定性分析
・豊富な元素ライブラリ
・優れた光学特性: 広帯域(200-980nm)、波長分解能(0.1nm)
・PCインタフェース:USB2.0

アプリケーション

  • 環境モニタリング(土壌、微粒子)
  • 原料分析(金属、プラスチック製品)
  • 半導体測定(シリコンウエハ)
  • 科学捜査および生物医学の研究(歯、骨)
  • ミリタリー、セキュリティ(爆発性粒子、化学・生物兵器)
  • 美術品復元/保存(顔料、貴金属/古代金属)

LIBSの動作方法

LIBS はQ-スイッチNd:YAGパルスレーザを使用した、LIBS:Laser Induced Breakdown Spectroscopy:レーザブレークダウン分光分析装置です。ピークエネルギの高いパルスレーザ(パルス幅10nsec.(ナノ秒))を測定サンプルに集光・照射すると、その焦点領域にある対象物は高密度となりプラズマを形成します(ブレークダウン)。
その後、高準位に反転した原子、イオンが元の準位に戻る時、測定対象物に含まれる元素固有波長の光を放射します。この放射光を小型で高波長分解能なオーシャンオプティクス社製ファイバマルチチャンネル分光器(波長分解能〜0.1nm)で分光し、測定サンプルを解析するという装置です。

システム構成例

libs2500plus_02.gif
  • LIBS2500plus-7:7ch 分光器
  • LIBS-LASER:QスイッチNd:YAGレーザ(出力50 mJ)
    • * 出力200 mJも選択可能
  • LIBS-BUN-7:専用7分岐ファイバ
  • OOILIBSplus:専用ソフトウェア
  • サンプルチャンバ

LIBS2500plus 仕様

分光器範囲 200-980 nm
光学分解能/受光素子 0.1 nm (FWHM)/2048素子x 7ch.(組み合わせリニアシリコンCCアレイ)
フレームレート 500 Hz , コンピュータ制御
積算時間(Integration time) 1 ms; フリーランモードで可変
トリガディレイ -121 μs 〜 +135 μs (500 ns ステップ時)
トリガジッター/トリガレベル ~20 ns/TTL 5.5V未満
コンピュータ接続/電源 USB 2.0/5 V @ <1 A, 電源付属
ソフトウェア OOILIBSplus
光ファイバ 2 m, SMAコネクタおよびコリメートレンズ付きマルチモードサンプリングプローブ
サイズ(レーザ、電源、チャンバ除く) 334 mm x 150 mm x 140 mm

サンプルスペクトル
代用炭疽菌のサンプルスペクトル;
BC(Bacillus Cereus)、BG(Bacillus Globigii)、BT(Bacillus Thuringiensis)

サンプルスペクトル

関連製品

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら