製品情報 Products

ファイバーガイドRAReMotheyeファイバ

分野

分野から探す

    リモートセンシング, レーザ, 近赤外域, 紫外域, 分析・検査

優れた反射防止(AR)テクノロジー
光ファイバのARコーティングと比較すると、ファイバーガイド社の特許取得済みのRARe Motheyeテクノロジーは、ファイバの伝送性能を向上させ、広い波長範囲でアプリケーションの損傷しきい値を大幅に向上させます。

特徴と利点

fg_raremotheye_001.png

ファイバーガイド社の特許取得済みのRAReMotheyeファイバは、ファイバ表面にナノ構造を作成する独自のランダム化プロセスに基づいています。これにより、反射防止特性が強化されたため、より多くの光を伝送できる光ファイバケーブルが得られます。この厳格なプロセスにより、光ファイバに一般的に使用されているARコーティングと比較して、優れた波長範囲、耐久性、および損傷しきい値を備えた光ファイバケーブルが製造されます。

RARe Motheyeナノ構造は、高さと幅が約200nmです。これは光の波長である400〜2200 nm未満であるため、顕微鏡では構造を見ることができません。光が表面で反射しないため、特定の顕微鏡ではファイバが暗く見える場合があります。

RARe Motheyeは、構造が溶融シリカのベース材料で作られているため、光ファイバの標準ARコーティングと比較して高いレーザ誘起損傷しきい値(LIDT)を備えています(棒グラフを参照)。従来のAR薄膜コーティングは、誘電体層と金属層が交互になっているため、高いLIDTをとることはできません。

このLIDTの向上は、アプリケーションの寿命の耐久性の向上につながります。

  • ・高い%透過率
  • ・超低%反射率
  • ・広い波長範囲
  • ・高いダメージしきい値

アプリケーション

  • ・ライフサイエンス:フローサイトメトリー、遺伝子シーケンシング、共焦点顕微鏡、レーザベースの顕微鏡、分光法、医療用レーザ
  • ・産業用:レーザ切断、レーザクラッディング、レーザ溶接、レーザマーキング、レーザ彫刻

仕様

反射防止タイプ ランダム化ナノ表面
波長範囲 400~1550 nm
ファイバサイズ 3umから2mmコアまで
反射率 1090nm全体で460nmから1550nmまで0.5%(要求に応じて利用可能な特定の波長でより低い反射率)
入射角 0〜60度
レーザ損傷しきい値 59J / cm2、1064 nm、16.4ns、20Hzでテスト、スポット径 0.405 mm

参考資料


クリーニング手順(ビデオ)

関連製品

ファイバーガイド


スクエアコアファイバ

ファイバーガイド


光ファイバ

オーシャンインサイト社製品について

オーシャンインサイト社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら

本ウェブサイトに記載の外観・仕様などは、予告なく変更することがありますので予めご了承ください。本Webサイトに記載の会社名・製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。