展示会情報 Exhibition

JASIS 2017

期間 9月6日(水)~8日(金)
会場
入場 無料(コンファレンスは有料プログラムも有)
小間番号 4A-205
公式HP
201709_JASIS_001.png 201709_JASIS_005.png 201709_JASIS_004.png

多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。


オーシャンフォトニクス株式会社は、2017年9月6日(水)~9月8日(金)に幕張メッセで開催されるJASIS 2017に出展し、新製品のマルチスペクトルカメラを始め、各種光測定機器をご紹介します。

会場小間割図

出展製品

SpectroCam
SpectroCamは最大25フレーム/秒(~2-4 stacks/sec)のフルフレーム解像度で6-8バンドのライブイメージを取得することが可能なマルチスペクトルカメラです。
PixelSensor
PixelSensorは選択された波長バンドのフィルタを持つ8個のフォトダイオードを9 x 9 mmのパッケージに内蔵した他に類を見ない非常に小型なオプティカルデバイスです。
OCEAN FXは、特に紫外域及び近赤外領域において高感度なCMOSリニアイメージセンサを内蔵した、小型で低価格のファイバ入力式マルチチャンネル分光器です。
Spectralon
Flame分光器は、小型で低価格のファイバ入力式マルチチャンネル分光器です。ユーザ側でスリット交換が可能なため、1台の分光器で測定に応じた波長分解能、スループットを選択できます。
Flame-NIRは、非冷却InGaAsディテクタを内蔵した小型・低価格な近赤外用ファイバマルチチャンネル分光器です。
CCS-1000-WAFは、カメラの製造分野で要求される画像や色の高度なテストやイメージセンサ校正用に開発されたマルチLED均一光源です。
Hyperionは長期にわたって安定性が求められるディスプレイのインライン検査・測定用に開発された色彩輝度計です。
Permaflectは、従来の重くて高額であった大型反射板に比べて、ベース板がアルミハニカム構造のため軽量で、サイズによっては安価となる反射板です。
  • ご来場の日時がお決まりの方や、特にご興味をお持ちの製品がある方は事前にご連絡いただければ、お待たせせずにご案内させていただけます。
  • ご来場の場合は、公式ウェブからの事前入場登録が便利です。

<お問い合わせ先>
オーシャンフォトニクス株式会社
東京都新宿区西早稲田3-30-16 ホリゾン1ビル
TEL 03-6278-9470 FAX 03-6278-9480



オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら