製品情報 Products

オーシャンオプティクス波長校正用アルゴン光源 AR-1

分野

分野から探す

    校正

オーシャンオプティクス社の波長校正用アルゴン光源AR-1は、NIRQuestシリーズのような近赤外用分光器用の波長校正用光源です。
AR-1は、分光器の波長校正を行う際の基準光を、696-1704nmの範囲を低圧アルゴン輝線によって提供します。代表的なアルゴンのスペクトル輝線は、AR-1の筐体に印刷されています。

OPwave-Cal 波長校正係数作成ソフトウェアと合わせてお使いいただくことで簡単に 波長校正係数を作成できます。 。
出射口は、オーシャンオプティクス社製品の分光器、光ファイバ、キュベットホルダなどのアクセサリと共通の、SMA905コネクタ接続です。AR-1は、12V電源(付属)か、9V電池によって動作します。

オーシャンオプティクス社の分光器は、品質保証プロセスの一環として、慎重に校正されています。しかしながら、全ての分光器と同様、波長は時間経過や環境条件によって僅かにドリフトします。波長正確性が測定において重要な要素である場合には、測定ごとに、毎回波長の校正を行うことをご検討ください。

仕様

出力 アルゴンの低圧ガス放電線
波長範囲 696-1700nm
寸法 125.7 x 70 x 25.8㎜
消費電力 3W
電源特性 12VDC 内部変圧器(付属)または
9VDC 電池(別売)
内部電圧 600V @ 30kHz
バルブ寿命 〜3,500時間(@ 20mA)
振幅安定化 〜1分
出力口径 3mm
コネクタ SMA905

オーシャンオプティクスは、AR-1を使用する際に、コア径φ50μm以下のコア径の光ファイバか、50μm以下のスリットで、ご使用いただくことを推奨しています。50μmよりも大きなコア径のファイバやスリット幅の使用は、波長校正の際に光学分解能(半値全幅)に悪影響を与えます。
また、分光器がスリットを搭載しておらず、異なるコア径径の光ファイバを使って測定を行う場合には、再波長校正が必要となります。これは、使用するファイバのコア径によって光学分解能が異なるからです。すなわちφ50μmコア径ファイバは、φ100μmコア径ファイバとは分散特性が異なります。
また、SMA905コネクタからファイバを取り外す度に分光器の再校正を行うことを推奨しています。

出力波形

出力波形

アルゴン輝線情報

以下がアルゴンの主な発光輝線です。
(HG-1筐体のラベルは簡易的なリファレンスなので、全ての輝線は記載されていません。)

866.794nm 912.297nm
922.450nm 935.422nm
965.779nm 978.450nm
1047.005nm 1067.357nm
1107.887nm 1144.183nm
1148.811nm 1166.871nm
1171.949nm 1211.233nm
1213.974nm 1234.339nm
1243.932nm 1248.766nm
1270.228nm 1273.342nm
1280.274nm 1295.666nm
1280.274nm 1295.666nm
1300.826nm 1322.811nm
1327.264nm 1331.321nm
1336.711nm 1350.419nm
1362.266nm 1367.855nm
1371.858nm 1382.572nm
1390.748nm 1409.364nm
1504.650nm 1517.269nm
1532.934nm 1598.949nm
1694.058nm 1704.288nm

波長校正用キュベットアダプタ

波長校正用キュベットアダプタ

PS-HG1-ADP波長校正用キュベットアダプタは、光ファイバを介してAR-1と1cm光路長サンプルチャンバを接続する1cm角のアダプタです。
このアダプタは、どんな分光器でも波長校正が行えるように設計されています。

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら