製品情報 Products

オーシャンオプティクス反射測定用積分球 ISP-R

カタログ/技術資料

測定内容

測定内容から探す

    反射測定

分野

分野から探す

    塗装・コーティング

全てのISP-R積分球は2個のSMA905ポートを装備しています。入力ポートは8°の位置にありコリメート光が出るようになっています。出力ポートは90°の位置にあり、ファイバで分光器に接続します。筒状のグロストラップは黒塗り(正反射除去)と積分球のコーティングと同じ白塗りが-8°の位置に設置できるようになっています。

特長

・表面の全反射測定
・ポート径と積分球サイズが選択可能

積分球は可視域の反射率>98%のPTFEで作製されていてサイズは30,50,80mmです。サンプルポートは6mm(φ30mm積分球)と8mm(φ50mm、φ80mm積分球)になっています。
これらの積分球はサンプルポートに設置されたサンプルの全反射を測定できます。様々なサンプルで指向性の少ないものから多いものまで測定可能です。グロストラップを使用することで正反射の測定もできます。

詳細

照射用ファイバコア径

積分球に合ったファイバコア径を使用する必要があります。

ISP-30-6-R 800 μm
ISP-50-8-R 600 μm
ISP-80-8-R 400 μm
ooi_isp-r_01.png

仕様

寸法 ISP-30-6-R: φ59 mm , 高さ58 mm
ISP-50-8-R: φ80 mm , 高さ78 mm
ISP-80-8-R: φ107 mm , 高さ117 mm
ISP-50-8-R-GT: φ80 mm , 高さ78 mm
重さ 330 g (ISP-30); 730 g (ISP-50); 1,650 g (ISP-80); 743.3 g (ISP-50-GT)
波長範囲 200-2500 nm
直径 30 mm、50 mm 、80 mm
サンプルポート径 6 mm (ISP-30); 8 mm (ISP-50 、 ISP-80)
内部材質 PTFEベース拡散材料
反射率 >98% (400-1500 nm); >95% (250-2000 nm)

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら