製品情報 Products

ラディアンティス高出力CW-OPOレーザシステム TITAN

カタログ/技術資料

分野

分野から探す

    レーザ

アクティブ OPO シリーズのTITAN は、前例のない励起光のファイバレー ザと OPO(光パラメトリック発振器)を単一プラットフォームに統合した、ワンボックス型の小型、広帯域自動波長可変高出力 CW-OPOレーザシステムです。CW 自動波長可変域は近赤外域の1450~ 1980 nm と、中赤外域の2300~4000 nmです。レーザの線幅は<100 MHz で完全自動制御(ハンズフリー)にてご提供します。また、動作ソフトウェアは感覚的に操作可能なGUIを採用し、DLL、LabVIEW VIドライバの提供が可能です。

特長

■ 広帯域自動波長可変:
     1450 ~1980 nm(シグナル)
     2300 ~ 4000 nm(アイドラ)
■ 高出力:> 5 W (シグナル)、3 W(アイドラ) @ピーク波長
■ 卓越したビーム位置安定性とビーム品質
■ 全操作:GUIによるハンズフリー動作、DLL 提供可
■ レーザヘッド:コンパクト、完全密閉、メンテナンスフリー
■ 内蔵分光器による波長表示

アプリケーション

  • 高分解能分光
  • 計測
  • センシング
  • 赤外通信
  • 顕微鏡用励起光
  • 半導体研究

仕様

モデル(励起出力) TITAN-SID1-HP(30 W) TITAN-ID1-HP(30 W)
自動波長可変域 出力1(シグナル) 1450~1980 nm ---
出力2(アイドラ) 2300~4000 nm 2300~4000 nm
CW出力* 出力1(シグナル) >5 W ---
出力2(アイドラ) >3 W >3 W
線幅* 出力1(シグナル) <100 MHz ---
出力2(アイドラ) <5 GHz ---
ビーム径* 直径@ 1650 nm 3.0 mm ± 10 %
直径@ 3000 nm 5.0 mm ± 10 %
ビーム品質 TEMoo
ビーム位置安定性 <40 µrad
ノイズ〈シグナル〉 <5 % [rms]
偏光 直線(横)
OPOヘッド寸法 (L×W×H) 610 × 350 × 200 mm

*ピーク波長

**お問い合わせください

図面

rad_titan_004.png

オーシャンインサイト社製品について

オーシャンインサイト社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら

本ウェブサイトに記載の外観・仕様などは、予告なく変更することがありますので予めご了承ください。本Webサイトに記載の会社名・製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。