製品情報 Products

オーシャンオプティクス近赤外ファイバマルチチャンネル分光器 Flame-NIR

カタログ/技術資料

測定内容

測定内容から探す

    発光測定, 反射測定, 透過・吸収度測定, レーザ測定, オンライン測定, 近赤外域測定

分野

分野から探す

    OEM, レーザ, 近赤外域, 分析・検査

オーシャンオプティクス社製Flame-NIRは、非冷却InGaAsディテクタを内蔵した小型・低価格な近赤外用ファイバマルチチャンネル分光器です。スタンダードモデルのFlameと同じサイズでデザインされており、二台を組合せOPwave+分光器制御用ソフトウェアを用い省スペースで紫外~可視~近赤外の測定が可能になります。

さらに消費電力が低く、USBバスパワーによる使いやすさもそのままです。ユーザ側でスリット交換が可能で、一台の分光器で測定に応じた波長分解能、スループットを選択できます。水分測定、穀物や飼料、食用油の品質管理、医薬品の成分測定などのアプリケーションに最適です。

デモ機貸し出し受付中! ご希望の方はこちらからご連絡ください。

特長

・低価格
・コンパクト(89×63×34:L×W×H/265g)
・高い熱安定性(0.014pixel/℃)
・ユーザ交換可能なスリット
・LEDインジケータ付
・簡易接続(ハードウェア):USBバスパワー(Micro-USB)
・簡易設置(ソフトウェア):OPwave+
各種光源ファイバプローブ、ホルダなど豊富なオプションアクセサリ
・OEM用途に最適なハードウェア&ソフトウェア環境

広帯域でのアプリケーションやOEMに最適

Flame-NIRはスタンダードモデルのFlameと同じサイズで設計されており、二台を組み合わせOPwave+ソフトウェアを用いることで、省スペースの紫外~可視~近赤外領域測定が可能になります。
アプリケーション
・ 太陽電池の反射測定
・ 反射防止膜評価
・ 光学フィルタの透過測定
・ 生体サンプル評価
・ 塗料、顔料評価

仕様

寸 法
サイズ 89.1 x 63.5 x 31.9 mm
重量 265g
ディテクタ
受光素子 Hamamatsu G8160-03
ディテクタレンジ 900 - 1700 nm
素子数 128素子
光学ベンチ
グレーティング スタンダード: 950 - 1650 nm
入射スリット スタンダード: 25μm
5 / 10 / 50 / 100 / 200 μm(スリットなしも可)
光コネクタ SMA 905
分光器部
波長分解能 10nm FWHM (25μm slit時)
S/N比 6000:1
A/D分解能 16 bit
熱安定性 0.014pixel/℃
積算時間 1 ms~65 sec
電子回路/インタフェース
消費電力 5V USB
PCインタフェース USB 2.0(Micro-USB)
動作ソフトウェア OPwave+(Windows 2000以降)

各種測定パッケージ例 ※本システムにコンピュータは含まれません。

Flame-NIR Package 標準発光測定パッケージ
分光器 + ソフトウェア + 光ファイバ2m, 1本(コア径:50/100/200/400μmより選択,コネクタ形状-片側のみSMAまたはFC)
Flame-NIR -RF Package 反射測定パッケージ
分光器 + ソフトウェア + ハロゲン光源 + 400 μmコア径反射プローブ
Flame-NIR -TR Package 透過測定パッケージ
分光器 + ソフトウェア + 光ファイバ2m, 2本 + ハロゲン光源 + キュベットホルダまたはフィルタホルダ

関連製品

オーシャンオプティクス

Flame
ファイバマルチチャンネル分光器

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら