製品情報 Products

ラディアンティスフェムト秒OPO用2倍波発生器 ORIA VIS

カタログ/技術資料

分野

分野から探す

    レーザ

ORIA VIS は OPOシグナル光の可変波長幅(990~1550 nm)を可視(495~775 nm)に容易に変換する、前例のない波長域をカバーしたフェムト秒2倍波(SHG)発生器です。 特に、同社の OPO「ORIA IR」と組み合わせることで高い変換効率(>40 %)と優れた安定性を高出力(>400 mW)で提供します。また、波長チューニングはパソコンから自動で操作できます。

特長

■ 同クラスで最高の変換効率:40 %以上(出力 >400 mW @ 1000 mW、ピーク波長)
■ 優れた出力安定性とビーム指向性
■ 多彩な出力ポート装備:① 990~1550 nm、② 495~775 nm、③ 1680~4000 nm、④990~1550 nm(①の残光)
■ ピックアンドプレース設置: 容易に設置可能な設計
■ アライメントが不要なため、メンテナンスフリーで高い操作性が魅力
■ パソコン制御
■ 制御ドライバも利用可能

アプリケーション

  • 多光子励起(MPE)顕微鏡
  • 時間分解分光法
  • 多波長ポンプ・プローブ実験
  • コヒレント・反ストークスラマン分光法
  • ファイバオプティクス、光通信

仕様

入力(基本波) 1000 mW @ 820 nm, 140 fs (990~1550 nm)
可変波長域 495~775 nm
平均出力 >400 mW @ ORIA IR のピーク
パルス幅 <180 fs @ ORIA IR のピーク
ビーム径@525 nm 2.5 mm
ビーム拡がり角 / ビーム変移 <1 mrad / < 2.5 μm
空間モード TEM00
繰返し周波数 80 MHz
外形寸法(LxWxH) 568 × 367 × 190 mm

一般的なチューニングカーブ

rad_oria-vis_002.png

関連製品

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら