製品情報 Products

サリーナノシステムズ紫外・可視・近赤外対応ブラックコーティング バンタブラック S-VIS

分野

分野から探す

    カメラ・ディテクタ, リモートセンシング, 近赤外域, 塗装・コーティング

より多くのアプリケーションへの使用を可能にするため、Surrey NanoSystemsは蒸着タイプのバンタブラックCVDに加えて、スプレーバージョンのバンタブラックS-VISを開発しました。S-VISの反射率は0.23%(@700nm)です。これにより、ウルトラブラックコーティングはポリマーなどの様々な材料や複雑な形状の3D基板にも塗布が可能になりました。S-VISの処理方式は、化学蒸着(CVD)バンタブラックの低温(500°C)真空加熱よりはるかに扱いやすく、100~300℃での熱処理となります。

特長

・反射率0.2%@700nm
・紫外~可視~THz領域まで使用可
・フラットな放射特性(5.5μm付近の不連続特性なし)
・紫外~近赤外領域に最適
・入射角に対して角度依存性の少ない優れたBRDF特性
・スプレーコーティング+真空中での熱処理(280℃)
・ガラス、プラスチックコーティングの低温処理オプション(100℃)
・耐湿性、耐温度サイクル、耐振動、耐放射線
・耐熱性 -196~300℃(空気中)、-196~700℃(真空または不活性雰囲気)
・アウトガスはほぼゼロ
・金属類(アルミ、銅等)、プラスチック樹脂類(ABS、ポリイミド等)、
 ガラス類にコーティング可
・角、ナイフエッジへはポリイミドオプション(ポリイミドをアンダーコート)

基礎知識

バンタブラックとは
バンタブラックS-VISは、担体溶液内で、短い非整合CNTとその他の有機材料/バインダーから製造されます。スプレーによる塗布後、CNT構造を残したまま、更に真空処理を行います。このプロセスではバンタブラックCVDと同様の手法で、光を捉える光学的空洞を作りながら、コーティング構造を機能化し接合します。
バンタブラックS-VISの低反射率特性は既存の塗料をはるかに凌ぎ、現在利用できる最も効果的なコーティングです。S-VISより黒いコーティングはバンタブラックCVDのみとなります。
※画像は、クリックで拡大表示します。

S-VIS 紫外~近赤外域反射率

S-VIS 紫外~近赤外域反射率

S-IR vs S-VIS 3~16μm領域反射率

S-IR vs S-VIS 3~16μm領域反射率

BRDF 特性@ 10°照射

sns_vantablack_s-vis_003.jpg

BRDF 特性@ 50°照射

sns_vantablack_s-vis_004.jpg

BRDF 特性@ 30°照射

sns_vantablack_s-vis_005.jpg

BRDF 特性@ 70°照射

sns_vantablack_s-vis_006.jpg

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら