展示会情報 Exhibition

OPIE '18 レーザーEXPO

期間 4月25日(水)~4月27日(金)
会場
入場 事前登録者、招待券持参者、国際会議OPIC参加者および学生(学生証提示)は無料。それ以外は\2,000(税込)
小間番号 K-24
公式HP
laserexpo2018_001.png laserexpo2018_002.png

ご来場いただき誠にありがとうございました。


オーシャンフォトニクス株式会社は、2018年4月25日(水)~27日(金)にパシフィコ横浜で開催されるOPIE '18【レーザーEXPO 2018】に出展し、レーザシステム及び光測定関連機器をご紹介します。

会場小間割図

出展製品

SolsTiS
多くのユーザから好評を頂き、既に市場において認知されている単一周波数波長可変Ti:Sレーザ『SolsTiS』のテラヘルツ掃引モデル『テラ・スキャン』および、オプション2種類をご紹介します。
Sprite-XTは信頼性の高い、セルフスタート式モードロックタイプの超小型フェムト秒Ti:Sレーザで、これまでにない低価格、驚異の超小型化を実現しました。
ORIA-IR
ORIA IRは密封された完全自動化のフェムト秒光パラメトリック発振器(OPO)で、赤外領域で広範囲の波長をカバーし高い平均出力が可能です。
titan
アクティブOPOシリーズのTITANはこれまでにない、励起光のファイバレーザとOPOを単一プラットフォームに統合したワンボックス型の高出力CW-OPOレーザシステムです。
Ocean HDXは、オーシャンオプティクス社のOcean FXで採用されたバッファリング機能およびマルチインタフェースを備えたプラットフォームをベースに、裏面入射型ディテクタを搭載したファイバマルチチャンネル分光器です。
Ocean-FXは、紫外~近赤外領域において高感度なCMOSリニアイメージセンサを内蔵した、小型で低価格のファイバ入力式マルチチャンネル分光器です。
ディスプレイ、プロジェクタ、ヘッドランプ、メディカル用照明等の様々な分野に応用されているレーザ光源のワット、ルーメン、色の測定を可能にした積分球を使用したシステムです。mWからWクラスまでの幅広いレーザ出力に対応しています。
Spectralon
ラブスフェア社製 スペクトラロン反射板は高反射率で拡散性や耐久性に優れ、反射率標準、透過率標準、カラー標準や波長標準などに最適です。
  • ご来場の日時がお決まりの方や、特にご興味をお持ちの製品がある方は事前にご連絡いただければ、お待たせせずにご案内させていただけます。
  • ご来場の場合は、公式ウェブからの事前入場登録が便利です。

<お問い合わせ先>
オーシャンフォトニクス株式会社
東京都新宿区西早稲田3-30-16 ホリゾン1ビル
TEL 03-6278-9470 FAX 03-6278-9480



オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら